35歳からの冷えとりめんげん。女性の冷え性改善法

30代になると女性は体が冷えやすくなります。体が冷えると血行不良になり、様々な病気や症状・体の悩みの原因に。冷えとり対策で、毒出し・めんげん効果を目指しましょう。女性に多い手足の冷える末端冷え性や、お腹・下半身・内臓の冷えの解消法について解説しています。

広告

肩こり・首こり・背中のこりと冷え性 冷えとりめんげん対処法

スポンサーリンク

肩こり、首こり、背中のこりの原因

 

冷え性の方で、つらい肩こりにお悩みの方は多いと思います。

よく肩がこるという人は、肩の筋肉だけでなく、首が張ったり、背中の筋肉もこっているのを感じるのではないでしょうか。

 

首から肩、背中の肩甲骨にかけては僧帽筋(そうぼうきん)という三角形のかたちをした大きな筋肉があります。

「肩がこる」と感じるのは、この筋肉が硬くなり血流が悪くなっているため。

首から背中にかけての大きな筋肉なので、首や背中にも同じようにこりを感じるのですね。

 

 

座ったままのデスクワークなど、同じ姿勢での作業が長時間続くと、筋肉の緊張が続いて血流が悪くなります。

血行不良になると、必要な酸素や栄養分が行き届かなくなり、エネルギー代謝がスムーズになされなくなります。

そのために、疲労物質が溜まり、こりやだるさ、倦怠感などの症状が出てきます。

 

冷え性の場合は血行が悪くなりやすいので、肩の筋肉もこりやすい状態にあります。

肩こりに悩む人は男性よりも女性の方が多いですが、これは女性の方が筋肉が少なく、体が冷えやすいためです。

 

また、ストレスも肩こり・首こりの大きな要因のひとつです。

ストレスを感じると、交感神経が過剰に刺激されて血管が収縮してしまうため、血行が悪くなります。

 

僧坊筋のこりが慢性化し、悪化してしまうと、痛みを伴うこともあり、腕が上げられなくなるなど、日常生活に支障をきたすこともあります。

また、首のこりにより、首を通る血管である頚動脈が圧迫されてしまい、脳へ血液がスムーズに行き届かなくなることも。

このように、首こり・肩こりが悪化すると深刻な事態も招いてしまいます。

 

f:id:rabana:20151002160927j:plain

 

肩・首・背中のこりを冷えとりで解消してめんげん効果

 

首から肩、背中にかけて温めることで血行を良くすると、症状は改善します。

おすすめはお風呂に入ること。

38~40度のぬるめのお湯に肩までゆっくり浸かると肩の筋肉が心地よく温まります。

20分以上浸かっていると汗が出てくるので、老廃物などこりの原因となる悪い毒素が排出され、めんげん効果があります。

 

お風呂はリラックス効果も高いので、ストレスがこりの原因となっている場合も、一日の終わりにゆっくりと入浴することで、ストレスを解消する効果があります。

 

夜遅くまで起きていて、テレビやパソコン、スマホなどの画面を見ていることも、交感神経を刺激してしまい、冷えやこりの原因となるためよくありません。

夜は好きなアロマキャンドルを焚いたり、音楽を聴いたりして、なるべくリラックスして神経を休ませると、昼間のうちに溜まったストレスもとれて、症状の緩和につながります。

 

さらにこりの対策に大事なのは、筋肉を動かすこと。

ストレッチや簡単な体操など、肩の筋肉を使う運動を生活に取り入れて、なるべくこまめに動かすようにすると、血流が改善します。

長時間のデスクワークなどで同じ姿勢が続く場合は、最低でも1時間に一回は肩の上げ下げをしたり、肩を回したりして、こわばった筋肉をほぐしてあげましょう。

肩の筋肉を使うエクササイズをするようにして、筋力を鍛えると、エネルギー代謝が良くなり、毒素排出=めんげん力がアップ。冷えにくく、こりにくい体になります。