35歳からの冷えとりめんげん。女性の冷え性改善法

30代になると女性は体が冷えやすくなります。体が冷えると血行不良になり、様々な病気や症状・体の悩みの原因に。冷えとり対策で、毒出し・めんげん効果を目指しましょう。女性に多い手足の冷える末端冷え性や、お腹・下半身・内臓の冷えの解消法について解説しています。

広告

つま先・足の指の冷え・しびれの原因 しびれを引き起こす病気

スポンサーリンク

つま先・足の指の冷えとしびれの原因

 

足先の冷えやすい冷え性の人は、つま先が冷えるあまり、しびれを感じることもあります。

 

正座をした後は、よく足がしびれますよね。

これは長い時間正座していたことで、足の知覚神経が圧迫されてしまうため起こります。

体重が足に長時間乗せられるので、血管が圧迫されてしまい、血液の流れが悪くなります。

そこで知覚神経の働きが低下して、ぴりぴりとした異常な電流が流れます。これが足のしびれを感じる原因となります。

 

末端冷え性の人は、つま先の冷えにより血行が悪くなりやすい状態にあります。

そこで冷えがあまりに慢性的にひどいと、足の知覚神経が圧迫されて異常を起こし、ぴりぴりとした電流が流れてしびれを覚えます。

 

f:id:rabana:20150928155005j:plain

 

つま先・足の指のしびれの対策。病気の可能性も

 

足の指先に冷えとしびれを感じる場合は、まず足を温めることを心がけてみましょう。

足の冷えの対策としては、以下の方法を生活習慣に取り入れることをおすすめします。

 

◎足湯をする

◎半身浴をする

◎靴下(五本指靴下がおすすめ)を重ね履きする

◎ウォーキングなど足を使った運動をする

◎足の指や足の裏のマッサージをする

 

足を温めることで冷えが改善し、しびれも治るようであれば、心配はいらないでしょう。

 

しかし、いつまでも足のしびれが改善しない場合や、歩くのが困難なほどしびれがひどい場合、あるいは痛みを伴う場合は、深刻な病気の症状である可能性もありますので、早めに整形外科を受診して下さい。

 

足にしびれが現れる症状を引き起こす病気としては、椎間板ヘルニア、変形性腰椎症などが考えられます。

また、脳や脊髄の機能や、ホルモンバランスに異常がある場合も手足のしびれを引き起こすことがあります。

 

もし何らかの病気が隠れている場合、しびれを放置しておくと、病状が悪化して重症になる危険性もあります。

まず病院で検査を受けて、原因をはっきりさせて医師に相談の上、対処しましょう。