35歳からの冷えとりめんげん。女性の冷え性改善法

30代になると女性は体が冷えやすくなります。体が冷えると血行不良になり、様々な病気や症状・体の悩みの原因に。冷えとり対策で、毒出し・めんげん効果を目指しましょう。女性に多い手足の冷える末端冷え性や、お腹・下半身・内臓の冷えの解消法について解説しています。

広告

足の指のむくみの原因、解消法-冷えとりめんげん効果も

スポンサーリンク

足の指のむくみの原因は?

 

つま先の細い革靴を一日中履いていた後など、足の指がむくんでしまった経験はないでしょうか?

特に足先が冷えてしまう末端冷え性の方は、足の指がむくみやすい傾向があります。

 

足の指がむくんでしまう原因として考えられるものは・・・

 

● 冷え

 末端冷え性の人は、身体の血行が悪いためにつま先まで十分に血液が行き渡らずに、冷えてしまっています。

冷えると水分や老廃物の代謝がスムーズに行われずに、身体の中に溜まってしまうので、むくみやすくなるのですね。

 

● 足の指の筋力の低下

運動不足であったり、一日中靴を履いていて、長時間つま先が閉じ込められていると、足の指を自由に動かすことができないために、足の指の筋力が低下してしまいます。

筋力が弱くなると、エネルギー代謝が悪くなり、むくみやすくなってしまいます。

 

● 窮屈な靴を履いている

つま先の細い靴や、足に合わない靴など、足の指が圧迫された状態に長時間置かれることにより、血行が悪くなってむくみが起こってしまいます。

 

f:id:rabana:20150927011021j:plain

 

足の指のむくみの解消法

 

◎ 五本指靴下を履く

 足の指のむくみを解消するためには、指先の筋力を使うことが効果的です。おすすめなのは五本指靴下を履くこと。五本指靴下は、普通の靴下に比べて足の指を自由に動かすことができるので、歩くときにしっかりと指先の筋力を使うことができます。

そのために足の指先の血行が良くなるので、むくみと冷えの解消につながります。

 

◎ 足の指の体操をして、筋力を鍛える

 足の指を大きく開いたり、閉じたりといった体操を繰り返すと、足の指の筋肉を使うため、つま先の血行が良くなって温まるほか、足の疲れの改善にもなりますので、足のむくみや疲れが気になるときは、是非試してみてください。

 

◎ 足の指のマッサージをする

 夜お風呂上りに、つま先が温まった状態でマッサージをすると効果的です。

足の指を挟んで、気持ちよいと感じる強さで一本ずつ押しながら揉んでみましょう。

足の指の爪と指の裏を挟んで、押し揉みしたら、指の両脇からもグリグリ揉んでください。

ボディローションを塗りながらマッサージすると、足の保湿ケアにもなります。

 

 ◎ つま先を締めつけない靴を履く

つま先の細い華奢な靴は、足の指を窮屈に閉じ込めてしまうので、血行を悪くしてしまい、むくんでしまいやすくなります。

つま先や足の甲を締めつけない、ゆったりした靴を履くようにすると良いでしょう。

 

 

以上の点に加えて、日頃の生活から身体の冷えとりをして足を温めるように気をつけることが、足の指のむくみ対策に効果的です。

足の血行が良くなると、リンパの流れも改善され、汗や老廃物が排出されますので、めんげん効果に加え、むくみも解消することができます。