35歳からの冷えとりめんげん。女性の冷え性改善法

30代になると女性は体が冷えやすくなります。体が冷えると血行不良になり、様々な病気や症状・体の悩みの原因に。冷えとり対策で、毒出し・めんげん効果を目指しましょう。女性に多い手足の冷える末端冷え性や、お腹・下半身・内臓の冷えの解消法について解説しています。

広告

むくみの解消と冷え性改善に効くお茶

スポンサーリンク

むくみの原因と冷え性

 

むくみの原因は、体内の水分を排出する機能が落ちてしまうこと。

冷え性の人がむくみやすいのは、内臓が冷えていることにより、腎臓の働きが低下してしまって、水分をスムーズに排出することができなくなってしまっているからです。

そのために、余分な水分が体の中に溜まり、むくんでしまうのですね。

 

特に、毛細血管のある、そして血行の悪くなりやすい下半身、足はむくみやすい部分に当たります。

 

体がむくむと、ますます冷えやすくなり、体が冷えると、むくみやすくなる、という悪循環に陥ってしまうので、まず冷えとりをして体を温めることがむくみの解消につながります。

 

今回は、冷えとむくみの解消に効くお茶をご紹介します。

 

f:id:rabana:20150926150639p:plain

 

体を温めて、冷えとむくみを改善するお茶

 

むくみの原因としてよく挙げられるのは、塩分の摂り過ぎ

 

基本的に塩分濃度の高い食品は、体を温める効果のある陽性の食品に属します。

例えば、梅干し、味噌、お醤油などですね。

 

しかし、体を温めてくれるからといって塩分を取りすぎると、血液内のナトリウムが増えすぎて濃度が濃くなり、それを中和するために水分を溜め込もうとするため、むくみの原因となってしまいます。

 

塩分の摂取は適度にしましょう。

カリウムを多く含んだ飲み物を摂ると、体内の余分な塩分を排出させる働きを促してくれるため、水分のバランスを整え、むくみの解消につながります。

 

◎  カリウムを多く含むお茶

 ゴーヤ茶

昆布茶

とうもろこしのヒゲ茶

柿の葉茶

ごぼう茶

 

どれも普段はあまり馴染みのないお茶ですが、カリウムを豊富に含み、血液中のナトリウム濃度を低くしてくれるため、むくみ解消効果のある飲み物です。高血圧の予防にも。

自然食品店等や、インターネット上で手に入れることができます。

 

◎ 血行促進作用があり、冷え・むくみを解消する効果のあるお茶

 よもぎ茶

生姜紅茶

はと麦茶

 

 新陳代謝を促し、血液のめぐりを良くして、身体を内側から温め、冷えとむくみを取り除く効果のあるお茶です。

 

冷え性の人は慢性的に身体がむくみやすい状態にありますので、お茶を上手に取り入れて、普段の生活習慣から身体を温めるようにしたいですね!