35歳からの冷えとりめんげん。女性の冷え性改善法

30代になると女性は体が冷えやすくなります。体が冷えると血行不良になり、様々な病気や症状・体の悩みの原因に。冷えとり対策で、毒出し・めんげん効果を目指しましょう。女性に多い手足の冷える末端冷え性や、お腹・下半身・内臓の冷えの解消法について解説しています。

広告

体を温める飲み物 妊婦さんにおすすめのお茶

スポンサーリンク

妊婦さんにおすすめ・体を温める飲み物

 

身体の冷え、特に子宮のある腰まわりの冷えには特に気をつけなければならない妊婦さん。

そんな妊婦さんにおすすめのノンカフェインの飲み物・お茶をご紹介します。

 

◎ 白湯

どんな飲み物でも、体質やその時の体調によって刺激を感じてしまうこともありますので、一番安心なのは白湯です。または常温の水でもOK。

 

◎ しょうが湯

しょうが汁にお湯を加えて、はちみつや砂糖(きび砂糖や黒糖など)で甘みをつけます。お好みでレモンを絞ってもおいしいです。

しょうがのパワーで体が内側からぽかぽか温まります。

 

f:id:rabana:20150925151709p:plain

 

◎ ゆず茶

お湯にゆずを絞った果汁を入れて、はちみつや砂糖を入れて甘みをつけます。

ゆずには体を温める効果があり、ビタミンCも豊富に含みます。

ゆずの香りにはリラックスさせる作用もあるので、疲れやストレスを感じたときに飲むと心と体がほっこり温まります。

 

◎ ホットリンゴジュース

100%のリンゴジュースをカップに入れて温めます。

レモン汁をちょっと入れて飲むと、爽やかな酸味が加わってとてもおいしいです。

 

◎ タンポポ茶

タンポポコーヒーとも言われますね。

薄めに入れるとお茶のように飲めるし、濃いめに入れるとコーヒーのようなコクのある味になります。

体のむくみの解消にも効果があります。

 

体を冷やす飲み物

 

妊婦さんや、妊活中の方が最も避けなければいけないのは、子宮や卵巣を冷やしてしまうこと。

そのため、体を冷やす飲み物は避けるようにしましょう!

 

× 冷たい飲み物

冷蔵庫から出したばかりの飲み物や、氷を入れた飲み物は避けます。

 

× カフェインの入った飲み物

コーヒー、紅茶、緑茶、抹茶、栄養ドリンクなど

 

× 糖分の多い飲み物

ジュースなど清涼飲料水や、お砂糖のたっぷり入ったもの

砂糖の取りすぎは体を冷やしてしまいます。

 

× 食品添加物の入った飲み物

人工甘味料や、酸味料、保存料などの食品添加物は避けるようにしましょう。

 

 

最後に・・・

適度な水分補給は大切ですが、水分は基本的に体を冷やしてしまう性質を持つので、飲み過ぎないように、適量を飲むようにしましょう。

自然に喉の渇きを感じたときに、コップ一杯ぐらいを、一日何度かに分けて飲むと良いです。