35歳からの冷えとりめんげん。女性の冷え性改善法

30代になると女性は体が冷えやすくなります。体が冷えると血行不良になり、様々な病気や症状・体の悩みの原因に。冷えとり対策で、毒出し・めんげん効果を目指しましょう。女性に多い手足の冷える末端冷え性や、お腹・下半身・内臓の冷えの解消法について解説しています。

広告

冷えとりの下着 冷え性の女性におすすめは絹・綿

スポンサーリンク

冷え性さんは下着にも注意!

 

下着はお肌に直接身に着けるものなので、身体にとってとても重要なもの。

冷え性さんはできるだけ身体を冷やさないものを選びたいですね ('-'*)

 

女性の下着、ブラジャーやショーツは、レースやフリルなどの飾りのついたデザインのものは、残念ですがほとんどが化学繊維製のものです。

 

ポリエステル、ナイロンなどの化学繊維の下着は、見た目はかわいいですが、お肌に触れるとひやっとしませんか?

この「ひやっとする」感があるというのは、お肌を冷やしているということ。

 

化学繊維には絹や綿に比べて保温効果がないため、常にひやっとお肌に触れていて、身体を冷やしてしまうのです。

特にショーツが触れるお尻・股間は、とてもデリケートな部分に当たります。

冷たさが腰まわりの大切な内臓器官にも伝わってしまうと、色々な不調の原因となってしまう心配があります。

 

さらに化学繊維は、身体から出る汗や毒素を吸収してくれないために、新陳代謝を妨げてしまい、血行を悪くしてしまうので、冷え性の原因となってしまいます。

 

f:id:rabana:20150918153001j:plain

 

また、お尻と腰を締めつける小さなショーツは、血管を圧迫してしまいよくありません。

太ももの付け根の部分をショーツのゴムで締めつけてしまうと、血液やリンパの流れが阻害されるために、老廃物が溜まってしまい、冷えのもとになる上に、むくみやセルライトなど下半身太りの原因にもなってしまいます。

 

冷え性の女性のおすすめは絹・綿の下着

 

おすすめの下着の素材は絹(シルク)か綿でできたもので、なるべくゆったりとした締めつけ感のない下着を身に着けることです。

 

体型補正のガードルも、身体を締めつけてしまうために、化学繊維でできているものが多いため、冷えのもととなってしまいます(><)

 

また、暑い夏場でも、部屋でTシャツにショーツだけという格好で、クーラーの効いた部屋にいるようだと、腰とお尻を冷やしてしまいます。

腰まわりには、子宮や卵巣など、女性にとって非常に大切な器官が集まっていますので、夏であっても冷やさないように注意することが必要です。

 

腰のあたりを冷やしてしまうと、子宮や卵巣が冷え、女性ホルモンのバランスが乱れて、生理不順を引き起こしたり、生理痛がひどくなったりしてしまいます。(´Д`|||)

 

お尻や太ももが上半身と比べて冷たい場合は、子宮が冷えている可能性が高いです。

身体にやさしい天然素材の下着を身につけ、日頃から下半身を冷やさないように注意することが大切です。