35歳からの冷えとりめんげん。女性の冷え性改善法

30代になると女性は体が冷えやすくなります。体が冷えると血行不良になり、様々な病気や症状・体の悩みの原因に。冷えとり対策で、毒出し・めんげん効果を目指しましょう。女性に多い手足の冷える末端冷え性や、お腹・下半身・内臓の冷えの解消法について解説しています。

広告

ストッキングが足の冷え性の原因になる?

スポンサーリンク

ストッキングを履くと痒くなるわけは?

 

お仕事などで、スカートの下によくストッキングを履いている女性は多いかと思われますが、ストッキングは身体の冷え対策にはよくありません(><)

 

ストッキングはナイロンなど化学繊維の素材のものが多いですね。

 

 

ストッキングを履いていると、足がかゆくなる、という女性は多いのではないでしょうか。

これは化学繊維が皮膚呼吸をさまたげることが原因です。

そのために、皮膚から排出されようとする汗や毒素が外へ逃げることができずに、溜まってしまい、皮膚が炎症を起こして赤くなったり痒みが起こってしまうのです!

 

ストッキングは足の冷え性の原因になってしまう

 

ナイロンなどの化学繊維のものはやめて、絹(シルク)のストッキングを選ぶようにすると、皮膚呼吸ができるようになるために、痒みはなくなります。

 ただし、ストッキングを履くこと自体、冷え性の方にはおすすめできません。

腰からお尻、足をきゅっと締めつけてしまうので、下半身全体の血行が悪くなり、ますます冷えを悪化させてしまいます。

 

f:id:rabana:20150917150440p:plain

 

ストッキングは、スカートの下に履く場合が多いと思います。

でもスカート+ストッキングでは、脚を常に外気にさらしている状態のため、冷やしてしまいます。

冷え性を改善するためには、できるだけ長ズボンを履くことをおすすめします。

 

冬場に冷え対策でズボンの下にインナーとしてストッキングを履く人もいますが、絹のストッキングであっても、足を締めつけて血のめぐりを悪くしてしまうため、やめた方が良いです。

重ねて履くのなら、絹や綿素材の、なるべくゆったりめのスパッツがおすすめです。

 

そうはいっても、お仕事の都合で、制服がある場合など、どうしてもスカートとストッキングを履かざるを得ない方もいらっしゃいますよね。

その場合は、帰宅後はすぐにストッキングを脱いで、ゆったりした長ズボンと靴下を履き、お風呂や足湯、湯たんぽなどで足元を温めてあげましょう!