35歳からの冷えとりめんげん。女性の冷え性改善法

30代になると女性は体が冷えやすくなります。体が冷えると血行不良になり、様々な病気や症状・体の悩みの原因に。冷えとり対策で、毒出し・めんげん効果を目指しましょう。女性に多い手足の冷える末端冷え性や、お腹・下半身・内臓の冷えの解消法について解説しています。

広告

寝る時に足が冷えるときの対策 靴下を履いて冷えとりめんげん

スポンサーリンク

寝るときに靴下を履くべきか、はだしで寝るべきか?

どちらがいいのでしょうか。

 

よく靴下を履いて寝ると、汗で靴下が湿ってしまうため、その湿気が足を冷やしてしまい、冷えとりには逆効果であるといわれますね。

 

でも、汗をかくのは身体も同じですよね!

だからといって何も着ないで裸で寝るというのは極端ですよね (^▽^;)

もちろん裸で寝るのが一番身体が冷えてしまいます…

 

 

寝るときも靴下を履いて冷えとり&めんげん

 

足先が冷えて寝つけないという冷え性さんは、寝るときも靴下を履いて寝ましょう!

 

一番のおすすめは絹の五本指靴下です。

絹(シルク)素材は、汗をとても良く吸ってくれて、しかも発散効果にすぐれているため、湿ったりべとついたりせずに、足元をいつも快適に保ってくれます。

 

身体の内臓に溜まった毒素を排出させる働きが一番強まるのが、夜寝るときです。

絹(シルク)はこの毒素を吸い取ってくれるデトックス作用にすぐれています。

つまり冷えとりめんげんに大活躍の頼れる素材なのですね!

 

五本指靴下は足の指から発散される毒素を効率的に吸い取ってくれるため、昼間だけでなく、夜寝るときのデトックスにも最適です。

 

f:id:rabana:20150916150449j:plain

 

靴下の重ね履きで冷えとり&めんげん効果アップ

 

さらに靴下を重ね履きすることで、デトックス効果はさらにアップ。

絹の靴下に綿の靴下を重ねて履くと、絹の吸い取った湿気や毒素を綿が受け取り、外へ逃がしてくれるのです。

 

靴下を重ねて履くと、空気の層ができて保温効果も上がるため、何枚も重ねて履けば履くほど、足元を温かく保ってくれます。

 

 寝ている間は、歩いたり靴を履いたりする必要がありませんので、一番上に真綿の入ったモコモコの靴下を履くのも良いですね♪

 

ただし寝るときに足を締めつけられると血行が悪くなり、足の疲れを感じてしまいますので、足を締めつけないように少しゆったりめの靴下を選ぶようにして下さいね。

足首が締めつけられるようであれば、足首の部分のゴムを抜いちゃうのも手です。

 

寒いときには靴下を4~5枚重ね履きし、さらに湯たんぽを使って布団の中を温めるようにし、とにかく足元を温かく保つようにします。

足先が冷えて眠れないという方、靴下の重ね履き&湯たんぽ、是非試してみて下さい!

ぽかぽかと暖かく眠れますよ \(*^^*)/