読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

35歳からの冷えとりめんげん。女性の冷え性改善法

30代になると女性は体が冷えやすくなります。体が冷えると血行不良になり、様々な病気や症状・体の悩みの原因に。冷えとり対策で、毒出し・めんげん効果を目指しましょう。女性に多い手足の冷える末端冷え性や、お腹・下半身・内臓の冷えの解消法について解説しています。

広告

冷え・血行不良による頭痛を改善するには

ずきずきと痛む頭痛はつらいですよね。

現代の日本人は、3割以上の人が頭痛に悩んでいると言われています。

特に女性は男性に比べて慢性的な頭痛に悩んでいる方が多いようです。

 

頭痛には様々な種類がありますが、多くの女性が悩む頭痛の症状は以下の2つに当てはまります。

 

・緊張型頭痛 

 

頭のまわりを何かで締めつけられるような鈍い痛み。

(よく「きつい帽子やヘルメットを被ったようなときの感覚」と表現されます)

持続性があり、長期間に渡って続くケースもあります。

首のこり、肩こり、だるさなどを伴う場合も。

 

 

・偏頭痛

 

片側のこめかみ付近が、ずきずきと脈打つような痛み。

(両側が痛むこともあります)

時々起こるのが特徴です。

人によって、月に一回程度だったり、多い人は週に一回起こることも。

痛みが発生すると、数時間から、時には数日続くこともあります。

 

f:id:rabana:20160329221858j:plain

続きを読む

お腹が冷えるときの下痢と腹痛 原因と対処法

 お腹の冷えによる下痢・腹痛の原因

 

お腹が冷えるとお腹が痛くなったり、下痢になりやすいという方は多いと思います。

 

お腹には、体にとって大切な臓器が集中しています。

食べ物の吸収と排泄をつかさどる大腸もそのうちのひとつ。

 

下痢は、大腸の機能が低下していることが原因で引き起こされる症状です。

通常、私たちの口から入った食べ物は、胃や小腸で消化・吸収された後に、大腸へ送られます。その時の状態はドロドロした液状です。

大腸がゆっくりとぜん動運動を行い、水分を吸収しながら肛門へと運んでいき、最終的には固まりの便となって、体外へ排出されます。

 

ところが、お腹が冷えていると、この便を作る大腸の働きがうまくいかなくなります。

そして水分が吸収されないままに、ドロドロした液状となって(つまり下痢となって)体外へ排泄されてしまうことになります。

 

f:id:rabana:20160124211826j:plain

続きを読む

冷えによる水太り ダイエットで食事制限しても痩せない理由

 冷えると水太りしやすくなる

 

体が冷えて血行が悪くなってしまうと、水分の代謝がスムーズに行われなくなり、体内に余分な水分が溜まりやすくなります。

そのため体が冷えると水太りしやすくなってしまいます。

 

確かに過剰な水分を摂取すると、水太り・むくみの原因になりますが、だからといって、水分をむやみに控えるのは身体のために良くありません。

必要な量の水分はきちんととり、体をしっかり温めて、血行を促し、代謝を良くするように気をつけることで、水太りは解消できます。

続きを読む

目の下のくまの原因は血行不良。冷えとりで改善!

目の下にできるクマは年齢を重ねるとできやすくなります。

目立ってしまうし、疲れたように見えたり、老けて見えてしまうから、気になりますよね (´_`。)

今回の記事では、クマのできる原因と、冷えとの関係、解消法について取り上げたいと思います。

 

続きを読む